最高のプロポーズにしたい! 大切な人へ贈る指輪のポイントとは?

一生に一度のプロポーズ。
人生の中で一番思い出に残る瞬間といっても過言ではありません。
そんなプロポーズに欠かせないのが、「指輪」です。
男性から女性に贈る永遠の愛の証です。
やはり結婚を意識したときに、女性にとってはこの婚約指輪は最も憧れの強いものひとつなのではないでしょうか。
そこで今回は、指輪をプレゼントするときに押さえておきたいポイントについてお話していきます。


・まずは指輪のサイズを知ろう
指輪を贈る際にまず重要になってくるのは、相手の「指輪のサイズ」です。
一番無難なのは相手に直接サイズを聞くことですが、せっかくのプロポーズはサプライズで相手を感動させてみたいですよね。
その場合は、相手に知られずにこっそり指輪のサイズを測らないといけません。
1つの方法として、相手が寝ているときにこっそりひもを使ってサイズを測る方法があります。
少しリスキーですが、それだけで十分な情報を得られます。
もし、過去に一度指輪をプレゼントしたことがあるならば、さりげなく相手にその時の指輪を聞くか、その指輪を見つけてサイズを把握しましょう。
いずれにせよ、間違ったサイズだとせっかくのプロポーズが台無しになってしまうので、気を付けましょう。


・憧れのダイヤモンドの指輪を贈ろう!
やっぱり誰もが憧れるダイヤモンドを贈るのが、一番理想なのではないでしょうか。
ダイヤモンドほどプロポーズにピッタリなものはありません。
ダイヤモンドの中でもいろいろあります。
みなさんは「4C」をご存知ですか?
これは、ダイヤモンドの品質等を評価する基準4つの要素のことで、カラット・カラー・カット・クラリティの各要素の頭文字に「C」がつくことから「4C」と呼ばれています。
この基準をクリアしているダイヤモンドの価値は非常に高いです。
また、他にプロモーション(形と仕上げ)という評価があります。
ダイヤモンドは輝きが命ですので、この評価が高ければ高いほど良いのです。
その中で最高位であるのが「エクセレント」です。
そして、さらにそのエクセレントの中でも最上級なのが「トリプルエクセレント」と呼ばれるものです。
プロポーズで贈る指輪にこれほどふさわしいものは他にないでしょう。




いかがでしたでしょうか。
人生で一度きりのプロポーズは良い思い出を残したいものです。
誰もが憧れるダイヤモンドの指輪をプレゼントすれば、それはもう最高の思い出になることは間違いありません。
プロポーズをお考えの方は、「4C」基準をクリアし、かつ、最高の輝きを放つ「トリプルエクセレント」の評価を受けた最上級のクオリティをもつダイヤモンドの指輪を、ぜひご検討ください!
2017.06.24


結婚式を挙げなくて後悔している方にオススメ!最近話題のフォト婚!

「経済的に結婚式を挙げなかったのだけどやっぱり挙式しておけばよかった...」
「再婚だから結婚式を挙げないでおこうと決めたけどやっぱりウエディングドレスは着たいなぁ...」
と結婚式を挙げなかったことを後悔している方も多くいらっしゃるのはないでしょうか。
そんな方にオススメなのが最近話題の結婚式スタイルである「フォト婚」です。
今回はフォト婚とは一体何なのか、なぜ結婚式を挙げなかったお2人にオススメなのかをお話していきます。


・フォト婚とは?
フォト婚とは結婚式で撮る写真のことではなく、実は結婚式のスタイルの一つなのです。
籍は入れたけれど挙式や披露宴をしないというカップルが結婚式の代わりに写真撮影を行います。
結婚式を挙げずとも写真として形に残すことができるので、結婚式を挙げていない多くの方々にオススメです。
そのほかにもオススメできる点、魅力的な点がありますので併せてご紹介していきます。


・ロケーション撮影ができる
写真撮影というとスタジオでの撮影のイメージが強いですが、そんなことはありません。
ガーデンや公園、神社や教会など様々なロケーションで撮影することが可能です。
お2人の思い出の場所で写真撮影を行えば心に残るステキな写真を撮ることができるでしょう。


・衣装選びを楽しめる
純白のウエディングドレスを着ることは多くの女性の憧れですよね。
フォト婚ではウエディングドレスなどのドレスはもちろんのこと、白無垢や色打掛といった和装もお選びいただけます。
結婚式を挙げずともウエディングドレスや白無垢を着れるので女性にとってはとても嬉しいものですね。
撮った写真はご家族やご親戚の方に見せれば喜んでいただくこともできるでしょう。


・好きな時期に撮影できる
結婚式や披露宴はやることや決め事が多く、時期を考えて行うものです。
それに比べてフォト婚では時期を選ぶ必要がないのでスムーズに写真撮影を行うことができますよ。


・金銭面の負担も少ない
フォト婚は結婚式や披露宴に比べて費用が圧倒的にリーズナブルです。
撮影場所や衣装によってお値段は前後するものの、5万円ほどでフォト婚をすることができます。
結婚式はお金がかなりかかるから諦めようと思っていたカップルでも、フォト婚なら費用をぐんと抑えることができますよ。


いかがでしたでしょうか。
フォト婚は様々な理由で結婚式を挙げなったカップルに対してオススメの結婚式スタイルです。
「結婚してから時間が経ったけどやっぱり何か形に残したい」という人にもオススメです。
フォト婚を挙げたい方は静岡県の「ブライダルハウス カレン」に是非足をお運びください
2017.06.20


ウェディングドレスはレンタルか購入のどっちがお得?

純白のウェディングドレスは多くの女性にとっての憧れですよね。
「ドレスってレンタルの方がいいのか、買った方がいいのかわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、ウェディングドレスはレンタルか購入かどちらの方がお得なのかお伝えしていきます。




・結婚式で着用したウェディングドレスはレンタルか購入のどちらにしたか先輩花嫁に聞いてみた。
レンタル...85%
オーダーメイドで購入...8%
既製品を購入...4%85
(みんなのウエディングより引用)
レンタルした先輩花嫁が8割越えという圧倒的な結果となりました。


・レンタルするメリット
ウェディングドレスはレンタルするとしても高価で費用がかかってしまいますが、やはり購入する場合と比較すると安価で済みます。
また種類が豊富なのでたくさんあるドレスの中からレンタルしたいものを選べます。
「レンタルドレスってあまり魅力的なものがなさそう...」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。
ブライダルハウス カレンでは「Scena D'uno」「Barbie」「mika ninagawa」といったドレスブランドのドレスも数多く取り揃えています。
きっとあなたの気に入るドレスが見つかるはずですよ。


・レンタルのデメリット
また当たり前のことですが、レンタル商品のため汚したり破いてしまったりした場合には費用が発生します。
思わぬところでビリッと破くことのないように慎重に取り扱いましょう。


・購入のメリット
ドレスを数回着る予定のある人は購入を選ぶようです。
海外挙式、帰国後パーティー、二次会と数回に分けてドレスを着る予定がある方はレンタルよりも購入した方がお得になるケースもあります。
またオーダーメイドであれば自分だけのドレスを手に入れられるのが魅力的ですね。
中古のドレスを買う場合は、高級ドレスがお得なお値段で買えるため金銭的にも負担は少ないでしょう。


・購入のデメリット
やはりオーダーメイドのものであれば費用がかかってしまうというのが大きなデメリットのようです。
また保管場所に困るというのも購入した場合ならではのデメリットですね。
大きいウェディングドレスは収納スペースを広くとってしまうことのほか、保管方法を誤ってしまうと照明のせいで変色してしまう場合もあります。




いかがでしたでしょうか。
ウェディングドレスをレンタルするか購入するかは、ドレスに対するこだわり、使用頻度、金銭面を考慮して決めるのがいいようですね。
一回しか着る機会が無いという方はレンタルをした方が断然お得でしょう。
静岡県でレンタルドレスをお探しの方は是非ブライダルハウス カレンにお越しください!
自社で式場も持っていますのでリーズナブルな価格で挙式を行うことができますよ。
2017.06.16


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |

- Topics Board -