知らないと恥ずかしい?婚礼和装の基本知識を知っておこう!

「結婚式の披露宴では和服を着たい!」というカップルも最近は多くいらっしゃいます。
結婚式で和装と言えば白無垢のイメージが強いですが、婚礼で使われる和装には白無垢のほかに色打掛や引き振袖といった和服があるのをご存知ですか。
あまりご存知でない方もいらっしゃいますので、今回は婚礼で着られる和装についての基礎知識をご紹介していきたいと思います。




・白無垢とは?
白無垢とは白一色で仕立て上げられた和服のことです。
皆さんがよく知っている結婚式での和装はこの白無垢だと思います。
「なんで白無垢は真っ白なんだろう?」と疑問に思われる方も多いのですが、実はそれにも理由があります。
婚礼での白色には「清浄純白」「嫁ぎ先の家風に染まる」という意味が込められています。
洋装でもウエディングドレスは純白のものが主流ですが、こちらにも似たような意味が込められているのです。
ちなみに婚礼の和装には白無垢、色打掛、引き振袖とありますが、その中で白無垢が一番格式の高いものとされています。


・色打掛とは?
打掛とは普段着である小袖の上に打ち掛けて羽織るものです。
室町時代以降の武家女性の礼装とされており、現代の結婚式の披露宴でもよく見る和装です。
色打掛には様々な色があり、模様もたくさんあるので多くの女性を魅了しています。
模様で言うと色打掛には松・竹・梅や鶴・亀といった吉祥文様と呼ばれる絵柄が入っています。
この吉祥文様は「幸せになってほしい」という願いが込められた模様のことで、2人の門出を祝う結婚式にピッタリのもので縁起も良いですね。


・引き振袖とは?
引き振袖とは挙式・披露宴に裾を引きずって着る振袖のことを言います。
これは江戸自体から昭和初期に花嫁衣装として広く着られていたもので、現代でも立派な婚礼和装の一つです。
引き振袖の色にはいくつか種類はありますが、基本的に黒とされています。
「結婚式に黒って...」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は元々おめでたい時には黒を着るのが昔からの風習だったのです。




以上、婚礼の和装についてご紹介しましたがご理解いただけたでしょうか。
晴れ舞台で着る服ですので、それぞれの和装についての知識を知っていれば着ている和服により愛着が湧きそうですね。
私たちブライダルハウス カレンでもたくさんのレンタルできる和服を備えております。静岡県で和装をレンタルしたいという方は是非ブライダルハウス カレンにお問い合わせください。
2017.06.04


婚約指輪の宝石でダイヤモンドが主流なのはどうして?

婚約指輪のメインとなる宝石を思い浮かべるとき、なんとなくダイヤモンドを頭に思い浮かべるのではないでしょうか。
実際、ダイヤモンド以外にも様々な宝石があるのですが、主流となっているのはやはりダイヤモンドです。
ですが多くの方々はなぜダイヤモンドの婚約指輪が主流となっているのかあまり詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はなぜダイヤモンドの婚約指輪が主流となっているのか、その理由をお話していきたいと思います。




・ダイヤモンドそのものの価値が高い
ダイヤモンドは宝石の中でも価値が高いものとされています。
これから先の人生を歩みたいと思う方に対して精一杯の愛情を示したいという気持ちから、高価なダイヤモンドを選ぶ傾向にあるのでしょう。
愛情はお金で換算できるものではないですが、高価なものを贈ればそれだけパートナーが真剣なんだという証明にもなります。
女性からしても宝石の中の王様的存在であるダイヤモンドの婚約指輪を贈られるのは大変嬉しいことでしょう。


・歴史的に見てもダイヤモンドが広く使われている
ダイヤモンドという石は古くからローマやギリシャの結婚式に用いられていたそうです。
16世紀初頭には婚姻証としてダイヤモンドの婚約指輪が贈られたという記載もあったと言います。


・ダイヤモンドの石言葉が結婚するカップルにピッタリ
花に花言葉があるのと一緒のように、宝石にも「石言葉」というものが存在しています。
ダイヤモンドの石言葉を調べてみると、


「純白」「永遠の絆」「純粋無垢」


という言葉になっています。
これらの言葉はこれから結婚し、人生を共に歩んでゆくおふたりにもピッタリだということもあり、婚約指輪の宝石として広く使用されています。


・ダイヤモンドの性質にも注目
ダイヤモンドという石は硬度が高く、簡単に傷ついたり壊れたりすることはありません。
変色することもなく、太陽の光に対しても強い性質を持っています。
これらのダイヤモンドの性質から「誰にも壊されることのない愛」という意味で解釈することもできます。




以上、婚約指輪にダイヤモンドが使われる理由についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
ダイヤモンドがこういった経緯で使用されることを知っておけば、お2人の婚約指輪がより一層大切なものに思えてきますよね。
静岡県のブライダルハウス カレンには婚約指輪や結婚指輪などのステキなブライダルジュエリーを多く取り揃えております。
ブライダルジュエリーをお求めの方は是非私たちブライダルハウス カレンにお問い合わせください。
2017.06.01


結婚式に必要なものはDIYで作っちゃおう|予備知識編

もうすぐ結婚式を控えるカップルさんなら、結婚会場をどんな装飾にしようかと考えるものですよね。
最近では会場のセッティングを業者さんに任せっきりにするのではなくて、自分たちがDIYで作った小物を結婚式に取り入れようとする「結婚式DIY」が流行っています。
そこで今回はどんなものをDIYで作ることができるのか見ていきましょう。


・そもそもDIYって?
DIYとは英語で「Do It Yourself」の略で、自分たちが手作業で何か作っていくことを指します。
昔で言うところの日曜大工みたいなものですね。
それでは結婚式のDIYでどんなものが作れるか見ていきましょう。


・簡単に作れるペーパーアイテム
招待状や会場までの智頭などの、封筒の内側に入れる飾り紙などがDIYで作ることができます。
これらのペーパーアイテムで自分たちらしいデザインや好きなキャラクターを入れることで個性を発揮することができますよ。
また結婚式当日に必要となるメニュー表や席札、プロフィールブックなども結婚式のDIYで作る定番アイテムとなっています。


・ゲストへのロゼット
ロゼットとは英語で「勲章」を指し、胸元などに着けるリボンのようなものを指します。
ゲスト全員分のロゼットを作って、結婚式当日に着けてもらうと、みんな一緒のものを着けているので統一感も生まれ、一つの演出にもなりますよ。
このロゼットを作る材料も百円ショップでほとんど揃えられるのでオススメです。
ゲストがたくさんいる場合には作業も大変となってきますが、ゲストがそんなに多くない場合はDIYで頑張って作ってみるのもいいかもしれませんね。


・撮影用の小物
最近はインスタグラムがはやり、写真を撮るにもフォトジェニックなものを撮るのが流行っています。
また結婚式も「花嫁が目立つ」というよりは「ゲストの方に楽しんでもらう」という風潮になってきておりますので、撮影用の小物を作ってゲストを楽しませる花嫁さんも多くいらっしゃいます。
中でもフォトプロップスは簡単に造れてフォトジェニックですので、ウェルカムスペースに置いておくのがオススメです。
「SNSパネル」といったものも流行っていますので、結婚式会場に小物として置いておくと、ゲストの方々が楽しみながら写真を撮ってくれるでしょう。


いかがでしたでしょうか。
これらの結婚式で必要となるアイテムは業者さんに依頼せず、自分たちで作っていくとコスト削減にも繋がりますよ。
DIYをすると「自分たちで結婚式を作っているんだ」という気持ちも大きくなるので、ますます気持ちのこもった結婚式になることでしょう。
次回もお楽しみに。
2017.05.27


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |

- Topics Board -