静岡県で結婚式!理想を叶えるレンタルドレスの選び方|素材編

理想のレンタルドレスを選ぶ際に、女性の皆さんに気を付けていただきたいのは前回お伝えした「色によって印象が変わる」というポイントだけでなく、そのドレスの素材も雰囲気を左右する大きな要因となります。


そこで今回は、レンタルドレスを選ぶ際のポイントとして前回と同様になりたい雰囲気に合わせた素材のお勧めを御紹介します。


□可愛い雰囲気
甘く可愛い系や大人可愛い系の印象を与えるドレスの素材には、チュール、オーガンジー、レースがよく使用されています。


‐甘く可愛い系
甘く可愛い雰囲気を演出する代表的な素材と言えば、ふんわりとした形のドレスに多く使用される「チュール」ですね。
チュールを何枚も重ね合わせてスカート部分の裾を空気感たっぷりに広げたドレスは、柔らかい印象も与えられて甘く可愛い雰囲気の演出にぴったりです。


歩くたびにスカート部分全体が揺れるのも移動が多い披露宴時に可愛いポイントです。
また、チュールにレースを組み合わせたものや、ボリューム感たっぷりの「オーガンジー」も可愛さ重視のドレスによく使用されています。


‐大人可愛い系
大人可愛い雰囲気を演出したい場合、お勧めなのが「レース」をメインに使用したドレスです。
チュールでふんわりとした可愛らしさを出しながらも、そこに細かい刺繍のレースを使用することで大人っぽいエレガントさも演出できます。


□大人な雰囲気
大人っぽい雰囲気を演出したい場合には、レースやシルクを使用したドレスがお勧めです。


‐シンプル系
シンプルさを大事にしたいとお考えの皆さんには、「シルク」の中でも光沢感の少ないものを使用したドレスがお勧めです。
落ち着いたシルエットながらも素材の柔らかさから自然な雰囲気を演出できます。


‐クラシック系
次に、クラシックな大人っぽさを演出したい方にお勧めなのは、光沢感やハリが有るシルクサテンのドレスや、そこに細かい刺繍のレースが施されているものなどです。
ボディラインをしっかりと表現しながらも、上品な色気を醸し出すことが出来ます。


□元気で明るい雰囲気
最後に、明るくて元気な雰囲気を理想とする方には、可愛らしさを演出したい方と同様に「チュール」がお勧め。
ボリューム感や軽やかさが演出できるだけでなく、その素材の性質上色をたくさん使えるのもチュールの魅力です。


ビタミンカラーやパステルカラーを沢山組み合わせたカラフルなドレスなら、明るくエネルギッシュな雰囲気を実現できますね。




結婚式のドレスでよく使用されるチュール、シルク、オーガンジー、レース、そのそれぞれの特徴によってドレスの印象は大きく異なりますので、皆さんもドレスを選ばれる際は是非、その素材感にもこだわってみてはいかがでしょうか?
次回は、理想のドレス選びに合わせたアクセサリーなどの小物についてご紹介します。
2017.11.23


静岡県で結婚式!理想を叶えるレンタルドレスの選び方|カラー編

多くの女性にとってレンタルドレスを選ぶということは、日常では体験できないとても楽しみなイベントの一つですね。しかし、いざドレスを選びに行ってもあまりに多くのドレスがあって選ぶのが中々難しいと感じる方も多くいらっしゃいます。ウェディングドレスだけでも迷うのに、お色直しのドレスも選ぶとなおさらですね。そこで今回は皆さんが披露宴等で演出したい、「理想のなりたい雰囲気」に合わせてお色直しのドレスを選ぶポイントを御紹介します!


□可愛い雰囲気
披露宴会場の中で誰よりも可愛らしく輝きたい、そんな願いを叶えたい女性にお勧めのドレスカラーを御紹介します。


‐甘く可愛い系
可愛いといえばやはりピンクが王道です。ピンクの中でも、甘い雰囲気を演出されたい方はパステルピンクや、薄ピンクから濃いピンクや薄紫へのグラデーションなどがお勧めです。そこにお花が鏤められたデザインなら、より一層華やかさと可愛らしさが際立ちますね。


‐大人可愛い系
「甘く可愛らしい感じは好きだけど、自分が着るには少しハードルが高い」そんな風に感じる女性に多いのが、大人可愛い雰囲気を演出したいという意見。そんな皆さんにお勧めなのが、くすみカラーを取り入れるということ。例えば同じピンクでも、グレーなどの落ち着いた色との相性抜群でヌーディーな印象もあるため、大人っぽい落ち着いた雰囲気と可愛らしさの両方を実現出来ます。


□大人っぽい雰囲気
次にご紹介するのが、大人っぽくクールでエレガントな印象にしたいという方にお勧めのドレスカラーです。


‐シンプル系
あまり派手なものではなく、シンプルな清楚さを演出したいという方にお勧めなのが、水色やミントグリーンの単色ドレスに白の刺繍などがあしらわれたものです。甘さや派手さは控えめながらも華やかさは失っていない、そんな雰囲気を演出します。
 
‐クラシック系
シンプルとは一味違う、大人の色気を演出できるようなクラシックな雰囲気を求めている方には、ワインレッドやシャンパンゴールド、藍色、深緑などのカラーがお勧めです。


□元気で明るい雰囲気
最後に、可愛さや大人っぽさよりも元気で明るい雰囲気を演出したいという方には、イエローやオレンジなどのビタミンカラーをお勧めします。特にパステル調のカラーなどを使用することで、派手というよりエネルギッシュで明るい印象を与えることが出来るでしょう。


お色直しのドレスはウェディングドレスと違って色から選ばなければならないだけに、楽しい一方で悩みが尽きないものでもあります。事前に自分のなりたいイメージに合った色を知ることで、より厳選された選択肢から理想のドレスを選んでみてはいかがでしょうか?次回は、カラーに引き続きドレスの素材についてご紹介します。
2017.11.19


静岡県で結婚式!知っておきたいレンタルドレス|小物選びのポイント

ウェディングドレスやお色直しのカラードレスなど、ドレス選びは結婚式の準備段階で非常に重要な部分ですね。
しかし、忘れてはならないのはそのドレスの魅力をより引き出してくれるアクセサリーや小物もきちんと選ぶということ。


今回は、アクセサリーを選ぶ際に注意すべきポイントや、ヘッドドレスについてご紹介します。


□アクセサリーの統一感
ピアスやネックレスを選ぶ際にお勧めなのが、耳元と首元は同じデザインのもの選ぶということ。


近い距離に2種類バラバラのアクセサリーがあると、統一感が無く、ちぐはぐな印象を与えてしまいかねません。
同じデザインのものであれば大きさやバランスなども整えてあることが多いため、選びやすくお勧めです。


□ドレスとの統一感
ネックレスやピアス、イヤリングなどを選ぶ際には、それらのアクセサリーで使用される宝石やカラーと、着用するドレスとの相性も必ず合わせるようにしましょう。


ドレスに宝石が鏤められたものを選んだ場合は、もちろんその宝石と同系統のものをアクセサリーにも使用している方が、全体がまとまってより魅力が高まります。


どんなに一つひとつのアクセサリーが綺麗で魅力的でも、ドレスのデザインを念頭に置いて常に全体の印象を意識しましょう。


□全体のバランス感
派手で大柄なドレスに、大きくてよく目立つアクセサリーという組み合わせは決して悪いわけではありませんが、全ての主張が激しくバランスが悪い印象になりかねません。


例えばシンプルなドレスにはワンポイントの大きな宝石をあしらったアクセサリーにするなど、バランスを意識した組み合わせにすることが大切です。


□ヘッドドレス
ヘッドドレスの中でも代表的なものが、ティアラやクラウン、カチューシャなどです。これらを選ぶ際に注意していただきたいのが、ドレス、髪型、ブーケとデザインが合っているかという点です。


ある意味当然のことではありますが、花嫁の衣装を見て残念に思った方の多くがこの3点のアンバランスさを指摘しています。
特に、お花をあしらったヘッドドレスを選びたいという方は、そのヘッドドレスのお花とブーケのお花が合っているかは常に意識して選びましょう。


髪型に関しては、例えばボリュームたっぷりのヘアスタイルに、大柄で派手なヘッドドレス、なのにドレスはストレートなシルエットで小柄なもの。
このような組み合わせでは頭でっかちな印象を与えかねません。


以上のように、レンタルドレスに合わせて小物を選ぶ際には常にそれぞれのアイテムのバランス感を意識することが重要です。統一感のあるアクセサリーで皆さんの魅力を最大限に引き出しましょう。
2017.11.15


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 |

- Topics Board -