ウェディングドレスの選び方―スレンダーライン、エンパイアライン―

ウェディングドレスは、多くの女性にとっての憧れです。

ただ一方で、ドレス選びの際には数が多すぎて悩まれる方も多いのではないでしょうか。



前回は3つのウェディングドレスの形についてご紹介しました。

なので、今回は残り二つの、スレンダーラインとエンパイアラインのドレスについてご紹介したいと思います。





4.スレンダーライン

スレンダーラインは、すっきりしたデザインのドレスです。

上半身から下半身にかけて大きなメリハリやボリューム感がなく、スタイリッシュで大人の雰囲気を醸し出すことができます。



そのスタイリッシュなデザインから、ペンシルラインとも言われ、特に長身でほっそりとした花嫁によく似合うと言われています。



着こなしによっては、少女のような可憐な雰囲気にもスタイリッシュな雰囲気も演出することができ、花嫁の持つ雰囲気を存分に生かせるドレスであると言えるでしょう。



ドレスのデザインにはシンプルなものが多いので、小物にこだわることによって、より洗練されたドレスになります。

スレンダーラインは動くのにも小回りが利くので、ガーデンウェディングやレストランウェディングに向いています。



女性に似合うかどうかだけではなく、式場の特徴も考えながらドレスを考えると、少しはドレス選びが楽になるかもしれませんね。



5.エンパイアライン

エンパイアラインとは、胸下から切り替えがあり、スカート部分が特に長いことが特徴のドレスです。古代ギリシャの女神をイメージとしており、年齢を問わず着られるドレスの形です。



スカート部分が長いので、足を長く見せる効果があり、すらっとした印象を演出することができます。

また一方で裾が直線的で裾の広がりも大きくないため、気品のある印象を醸し出すことができます。



エンパイアラインはおなか周りを締め付けないデザインのため、マタニティドレスとしても人気です。また身長が高くない方でも、足を長く、スタイルよく見せることのできるドレスです。



今回は、ウェディングドレスについての形と、それぞれどんな方が似合うのかについて紹介しました。またウェディングドレスでは、花嫁の雰囲気や体型に似合うかだけではなく、どんな式場で結婚式をするのかによっても、向き不向きが存在します。



ドレスは種類が多いだけに、結婚式カ条の事も考慮すると、少しドレスが絞りやすくなるかもしれません。結婚式では花嫁が主役であり、ウェディングドレスは女性を一層美しく、引き立たせるもの。



これらを参考に、あなたに一番似合ったドレスを探してみてください。

2017.10.14


ウェディングドレスの選び方―Aライン、プリンセスライン、マーメイドライン―

ウェディングドレスは、多くの女性にとっての憧れです。素敵なドレスに身を包んだ女性は、より美しく、輝いて見えます。

ただ一方で、ドレス選びの際には数が多すぎて悩まれる方も多いのですよね。



ドレスは見ていてとても楽しい一方、どれが自分に本当に似合うのかわからなくなってしまいます。

ウェディングドレスを選ぶには、その形と色で自分に似合うかどうかを考える必要がありますが、ここではウェディングドレスの基本的な五つの形と、どんな方に似合うのかについて、ご紹介していきたいと思います。



1.Aライン

Aラインのドレスは、ドレスのウエストの位置が高く、裾にかけて徐々に広がっていく形のものをいいます。

雰囲気としては、スカートの装飾をシンプルにすることによって清楚に仕上げたり、レースをつけることによって華やかなものにする事も可能です。



ドレスのデザインによって、どんな雰囲気でも作り出せること。またAラインの形としても、比較的誰にでも似合う形のものです

さらに言えば、Aライン型のドレスは縦の流れをドレスの形によって強調してくれるので、スタイルを良く見せることが可能です。



ヒールを履いてA型のドレスを着れば、そのスタイルはより一層美しく見えるようになることがAライン型の特徴です。



2.プリンセスライン

ウエストでラインの切り替えがあり、腰から下がふんわり広がったものがプリンセスラインの特徴です。正統派のウェディングドレスとして、多くの人がイメージしやすいドレスではないでしょうか。



スカート周りのエアリー感は、女性に華やかで可愛らしい印象をもたらしてくれます。ドレス自体にボリューム感があるので、遠くからもラインがはっきりとしていて、大きな宴会場でも女性の姿がよく映えること間違いなしです。



またプリンセスラインは、下半身やお尻周りが大きい人、マタニティドレスとしても人気のあるドレスです。



3.マーメイドライン

 マーメイドラインは、腰回りが体にフィットしており、ひざ下から裾が広がっているデザインが特徴的なドレスです。

マーメイドのように、上半身から腰までは体にフィットし、裾が尾びれのように広がっていることから、マーメイドラインという名前がついています。



マーメイドラインは、ドレス自体がメリハリのついたデザインのため、ご自身の体型にそれほど自信がない方でも、スラっと着こなすことができます。女性らしい、華やかな印象を演出したければ、裾の部分の装飾が入ったものを選ぶといいでしょう。



タイトでスタイリッシュな印象を演出したければ、ソフトマーメイドラインの中からドレスを選びましょう。スタイリッシュな印象を与え、女性らしいラインを作り出せることので、背の高い方やスタイルのメリハリのなさを気にする方にも人気なドレスです。



今回は、ウェディングドレスの3つ形と、それぞれどんな方が似合うのかについて紹介しました。

Aラインのドレスは、花嫁のスタイルをより一層美しく見せます。



プリンセスラインは、花嫁のその華やかさを引き立たせてくれるドレスであり、マーメイドラインは、花嫁の更なる女性らしさを醸し出します。

それぞれまたウェディングドレスでは、花嫁の雰囲気や体型に似合うかだけではなく、どんな式場で結婚式をするのかも判断基準として重要です。



ドレスは種類が多いだけに、結婚式カ条の事も考慮すると、少しドレスが絞りやすくなるかもしれません。次回は、スレンダーラインとエンパイアラインの二つのドレスの形についてご紹介したいと思います。

2017.10.10


ウェディングドレスの選び方―挙式スタイルと会場との相性―

ウェディングドレスは、多くの女性にとっての憧れです。ただ一方で、ドレス選びの際には数が多すぎて悩まれる方も多いと思います。前回は、ウェディングドレスを選ぶ際、なりたい雰囲気を考えることについてご紹介しました。なので、今回はウェディングドレスを選ぶときに気を付けたい、残りの二つのポイントについてご紹介したいと思います。



1.挙式スタイル

教会式

 教会で結婚式を挙げる際は、ある程度のその教会で重要とされるマナーを守るようにしたほうがいいでしょう。特に結婚式会場では、その教会の華やかさから、カトリックの教会で挙式を上げる人も多いと思います。カトリックはより保守的な傾向があるので、肌の露出を抑えたデザイン、またベールや手袋の着用を前提としたドレスを選ぶとよいでしょう。



ホテル・式場での披露宴会場

 ホテルや式場での広い披露宴会場では、花嫁がしっかり目立つことができるボリュームのあるウェディングドレスが向いているでしょう。またゲストの方との距離によって、ドレスの装飾の細かさ、そして照明により華やかに見える装飾などを考慮することができます。これらを判断基準の一つとして置いておくと、ドレス選びがしやすくなるかもしれません。



レストラン・ガーデンウェディング

 レストラン・ガーデニングウェディングでは、他の式場に比べて歩き方に制約が出てくることが特徴としてあります。なので、あまり幅を取りすぎないドレスの方が向いていると言えるでしょう。またゲストとの距離も近くなるので、ドレスの装飾は細部まで見られることを前提としておいたほうがいいです。ドレスの素材や生地にこだわってみるのも効果的です。



海外挙式

 海外で挙式をする際には、日本のウェディングドレスを持っていったほうがいいでしょう。なぜなら、サイズ感が現地の人とは異なる可能性が大きいからです。また、持ち運びを考えるとシルクなどを避け、シワになりにくい素材のドレスを選ぶことが重要です。海外の結婚式場では、それぞれ厳しいルールのある場所も存在するので、ここも確認することが大切です。



2.会場の広さや雰囲気

 最後に全体を通して言えるのは、会場の広さや雰囲気とドレスの相性を確認することです。大きな式場では、遠くから見ても花嫁の姿が映える、ボリュームのあるドレスが相性のいいものであると言えるでしょう。一方、少人数で行う挙式の場合、ゲストとの距離がより近くなることが考えられるので、細部までデザインに凝ったドレスとの相性がいいでしょう。

 また会場の雰囲気に関して言えば、お城のような雰囲気の会場であれば、可愛らしいお姫様のようなドレスがお似合いになると思います。一方で、クラシカルな雰囲気の教会や会場であれば、シンプルで清楚なイメージのドレスとの相性が良くなります。



今回は、挙式スタイル・会場とウェディングドレスとの相性についてご紹介しました。ウェディングドレスは種類も多く、どれも華やかで素敵なものばかりです。ですので、ドレスを選ぶ際には挙式のスタイルや、会場と全体の雰囲気を考慮することも有効な方法になります。こうした挙式全体の事も考えることによって、その女性にとって、最高のドレスを見つけやすくなります。ドレスを検討されるときは、似合うかどうかはもちろん、挙式との相性を考えてみると、選んだドレスとその花嫁の姿がより引き立ってくるのではないでしょうか。

2017.10.06


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 |

- Topics Board -