知っておきたい!海外挙式のメリットとデメリット〜メリット編〜

結婚式を挙げるなら国内と海外のどちらで挙げたいですか?


やはり海外挙式は多くの女性にとっての憧れで「私たちの結婚式も海外で挙げたい!」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回と次回に分けて海外挙式をお考えの方に知っておきたい海外挙式のメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。
今回では海外挙式にはどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。


・結婚式と新婚旅行が一度で済む
数条なら結婚式を挙げた後に新婚旅行の計画も練るものだと思います。
しかし結婚式を海外で挙げた場合、結婚式と新婚旅行が同時に行えるのです。
結婚式と新婚旅行が一度に済めば、航空機の手配やホテルの手配など、負担が減ります。
仕事との兼ね合いも考えれば、効率的ですよね。式を終えた翌日にお2人で遊びに行くこともできるので、お2人の興奮も冷めないままでステキな新婚旅行を過ごすことができますよ。


・両親への親孝行にもなる
海外挙式と同時に両親へ海外旅行のプレゼントをすることができます。
「社会人になってから全然親孝行できていない」
「何か親孝行してあげたいけど何をしていいかわからない」
という方も多くいらっしゃると思いますが、両親に海外旅行をプレゼントできれば大きな親孝行となるのではないでしょうか。
また、滞在日を調整しておけば一日は家族と旅行してもう一日は新郎新婦で2人きりの旅行という計画を立てることもできます。


・招待する人数が限られるため身軽に挙式できる
海外で結婚式を挙げる場合、招待するゲストの人数は限られてきます。
普通の国内の結婚式であれば、微妙な距離感の友達や同僚、職場の苦手な上司など、ゲストに誰を呼ぼうかとても悩んでしまいますよね。
しかし海外挙式では招待するゲストは双方の両親、そして本当に親しい仲の友人のみという場合が多いです。
または誰も招待せず、自分たちだけで式を挙げる場合もあります。
人が少ない分、パーティーの計画を招待客に合わせたり、多くの人に気を遣ったりということをしなくて済みます。
身内や親しい友人とだけで行う結婚式はのびのびと行うことができるのでオススメです。


・実は国内挙式よりも費用が安い
「海外挙式って費用が高そうだからあまり考えてない」という方も多いでしょうが、そんなことはありません!
国内挙式の平均相場が約300〜350万円に対して、海外挙式は100〜150万で済みます。




海外挙式のメリットについてお話ししましたがいかがでしたでしょうか。
海外挙式の方が国内挙式より費用が安いなんて驚きですよね。
私たちブライダルハウス カレンでは海外に自社の式場を持っていますので、料金もリーズナブルに済みますよ!
次回は海外挙式のデメリットをご紹介していきます。
2017.05.19


挙式をしない結婚式!?フォト婚って何!?

皆さん「フォト婚」って何かご存知ですか。
最近話題となっているフォト婚、フォトウェディングですがあまりよく知らない方もいるのではないでしょうか。
「結婚式で撮る写真のこと?」と思う方も多いのですが、実はそうではないのです。
そこで今回は最近話題となっている「フォト婚」についてご紹介していきたいと思います。


・フォト婚って何?
フォト婚とは結婚式で撮る写真のことではなく、実は結婚式のスタイルの一つなのです。
籍は入れたけれど、挙式や披露宴をしないというカップルが結婚式の代わりに写真撮影を行います。
ここで、結婚式の前撮り写真と混同されてしまいがちですが少し違います。
結婚式の前撮り写真とは挙式や披露宴を行うカップルが式の前に撮る写真のことです。
それに対しフォト婚は挙式しないカップルが結婚式代わりに撮る写真のことを指します。


・どんな写真を撮るの?
撮る写真自体は結婚式の前撮り写真で撮るようなものと代わりはありません。
和装では女性なら白無垢や色打掛などを、男性なら紋付き袴を着て写真を撮ることができます。
洋装であれば女性が憧れる純白のウェディングドレスはもちろん、カラードレスも着ることができますよ。


・どこで写真を撮るの?
ロケーションに決まりはなく、様々な場所で撮影することができます。
季節に合ったロケーションやお2人の思い出の場所など好きなところで写真を撮ることができますよ。
神社や教会、公園など気に入った場所を選んで満足の行く写真が撮れると思い出にもしっかり残りますよね。
プロのカメラマンがしっかり撮影してくれるのでステキな写真を残すことができますよ。


・どんな人がフォト婚をするの?
様々な人がフォト婚をお選びになります。
「結婚式はしなくてもいいけど、入籍だけだとなんだか寂しいな」
「挙式はいいけど、ウエディングドレスを着た姿を写真に収めたい」
「再婚だから結婚式を挙げるのは憚られるけど、何か形には残したい」
このような様々な理由で多くのカップルがフォト婚をお選びになります。


フォト婚についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
静岡県でフォト婚を撮るなら私たちブライダルハウス カレンにお任せください。
掛川城でのフォト婚や、掛川花鳥園でのフォト婚など、静岡県ならではの写真を撮ることができますよ。
「フォト婚を挙げてみたいな」という方は是非私たちブライダルハウス カレンにお問い合わせください。
2017.05.15


ウエディングドレスはレンタルか購入のどっちがお得?

純白のウエディングドレスは多くの女性にとっての憧れですよね。
「ドレスってレンタルの方がいいのか、買った方がいいのかわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回はウエディングドレスはレンタルか購入かどちらの方がお得なのかご紹介していきます。

・結婚式で着用したウエディングドレスはレンタルか購入のどちらにしたか先輩花嫁に聞いてみた。
レンタル...85%
オーダーメイドで購入...8%
既製品を購入...4%85
(みんなのウエディングより引用)
レンタルした先輩花嫁が8割越えという圧倒的な結果となりました。

・レンタルするメリット
ウエディングドレスはレンタルするとしても効果で費用がかかってしまいますが、やはり購入する場合と比較すると安価で済みます。
また種類が豊富なのでたくさんあるドレスの中からレンタルしたいものを選べます。
「レンタルドレスってあまり魅力的なものがなさそう...」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。
ブライダルハウス カレンでは「Scena D'uno」「Barbie」「mika ninagawa」といったドレスブランドのドレスも数多く取り揃えています。
きっとあなたの気に入るドレスが見つかるはずですよ。

・レンタルのデメリット
また当たり前のことですが、レンタル商品のため汚したり破いた場合には費用が発生します。
思わぬところでビリット破くことのないように慎重に取り扱いましょう。

・購入のメリット
ドレスを数回着る予定のある人は購入を選ぶようです。
海外挙式、帰国後パーティー、二次会と数回に分けてドレスを着る予定がある方はレンタルよりも購入した方がお得になるケースもあります。
またオーダーメイドであれば自分だけのドレスを手に入れられるのが魅力的ですね。
中古のドレスを買う場合は、高級ドレスがお得なお値段で買えるため金銭的にも負担は少ないでしょう。

・購入のデメリット
やはりオーダーメイドのものであれば費用がかかってしまうというのが大きなデメリットのようです。
また保管場所に困るというのも購入した場合ならではのデメリットですね。
大きいウエディングドレスは収納スペースを広くとってしまうことのほか、保管方法を誤ってしまうと照明のせいで変色してしまう場合もあります。

いかがでしたでしょうか。
ウエディングドレスをレンタルするか購入するかは、ドレスに対するこだわりや金銭面を考えて選ぶといいようですね。
一回しか着る機会が無いという方はレンタルをした方が断然お得でしょう。
静岡県でレンタルドレスをお探しの方は是非ブライダルハウス カレンにお越しください。
自社で式場も持っていますのでリーズナブルな価格で挙式することができますよ。
2017.05.11


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |

- Topics Board -