結婚式のゲストドレスは着物がオススメ!得られるメリットとは?

「結婚式にお呼ばれしたけど、どんな格好で行こう」と悩まれる方は多いはず。
男性はスーツを着れば問題ありませんが、女性はドレスや和装など、選択肢が多くて迷ってしまいますよね。




どんな服装を選べばいいか迷っている方にオススメなのが着物や和服など、和装での結婚式参加です。
どうして和装がオススメなのか、気になるメリットをご紹介していきます。




メリットその1.他の参列者と服装が被らない
「お気に入りのワンピースで参列したけど、似たようなワンピースを着てる人がチラホラいる」となった場合、ちょっと気恥ずかしい感じがしてしまいますよね。




結婚式で着ていくようなドレスはシンプルなものが多いので、色が被ってしまえば一緒のように見えるということが多くあります。
しかし和装で参列する人はあまり多くないため、他の人と被ることはなかなか起こりません。




和装は色や柄など様々なので、同じ和服の参列者がいても見た目が一緒に見えるなんてことも起こらないでしょう。


メリットその2.式場が華やかになる
女性の多くは結婚式場に来ていくドレスが暗めの色になる傾向があります。




それは黒やネイビーなどの色は体を細く見せてくれるので、こういった傾向にあるのです。
しかし参列者の多くが暗めのドレスを着ていけば、式全体の色が暗めになってしまいますよね。
男性もスーツで暗い色なので、より一層暗めの色になってしまいます。




しかしそこであなたが明るめの和服を着ていけば、式場の雰囲気をパッと明るくすることができるでしょう。
新郎新婦や親族からしても自分たちの結婚式会場は華やかな方が良いので、喜ばれると思いますよ。




メリットその3.キレイな立ち振る舞いができる
結婚式会場では、歩き姿や座っているときの姿、そして食事姿など、キレイに振舞いたいものですよね。
その点、着物を着れば座っているときの姿や歩き姿など、自然とキレイなものになります。




ワンピースなどの洋服ですと、歩き方などの振る舞いも普段と変わらないので意識することなく結婚式の時間を終えていくことになりますが、着物ではそんなことも起こらないでしょう。
結婚式にはドレスコードが存在しますが、着物はそんなドレスコードも軽々と超えてくれるので安心です。




いかがでしたでしょうか。
結婚式にお呼ばれした時のゲストドレスは何にしようかと迷っている方は是非着物で参加してみてください。
スーツやワンピースなどのドレスを着ている人が多い中で、着物を着ていけば式場も華やかになるのでオススメです。
2017.07.10


夢の海外挙式!理解しておくべきそのメリットとは?!

やはり、大好きな恋人との結婚式は一生思い出に残るような式にしたいですよね。
みなさんには結婚式の理想がありますか?
たくさん身内や友人を招待して盛大に挙げたいという人もいれば、招待するのは身内だけで費用を抑えしんみりと挙げたいという人もいるでしょう。


そんな中でも、理想の結婚式として多くの人が頭に浮かべるのは海外での挙式ではないでしょうか。
海外での挙式なんて、芸能人やお金持ちがするものだと思っていませんか?
しかし、最近では一般のカップルが海外で挙式する人が増えてきています。


そんな誰もが羨む海外挙式と国内挙式の違いはどういったものがあるのでしょうか。
この記事では、海外挙式のメリット、デメリットをご紹介していきます。
今回は、メリットについてです。




・結婚式と新婚旅行を一度に楽しめる
結婚式を挙げるとなると、ほとんどのカップルがその後の新婚旅行についても考えると思います。
結婚式のことを決めるだけでも多大な時間がかかる上に、同時に新婚旅行のことを考えるとなるとしっかり計画することは難しいですよね。
旅行先はどこに行くのか、交通費はいくらになるのか、滞在日数は、、、など。
確かに同時に二つのことを考えるとなると時間もコストもかかります。
ところが、海外で挙式をすると二つを同時に行えます。
結婚式と新婚旅行を同時期に同じ場所で行えば計画する量を大きく減らすことができます。
何よりも、二人がどうしても行きたい場所で挙式をしたら、間違いなく一生の思い出になりますよね。




・招待する人が少なくて楽
結婚式を挙げるとなると、ややこしい問題として上がってくるのが誰を招待するかです。
どれくらい親しい友人を招待するべきなのか。
苦手な上司を招待しなければいけないのか。など
また、人数が多ければ多いほど招待状を送る手間も増えていきます。


ところが、海外挙式をすればそういった面倒な問題に悩む必要はありません。
なぜなら海外で挙式をする場合、多くの人が双方の両親や親戚、本当に親しい友人だけを招待するケースが多いからです。


また、式後のパーティについても招待する人に合わせて計画をしなくてよいので、身内だけでのびのびとパーティを開くことができます。




・国内挙式よりも海外挙式の方が少ない費用で挙式できるケースが多い
本当に?!と思われた方が多いと思います。
これは本当です。
ゼクシィ海外ウエディング調査によると、海外挙式の平均費用は189.6万円なのに対して、一般的な国内挙式の平均費用は300~400万円です。
これらのデータは、招待する人数や挙式の場所、内容などによって大きな違いがありますが、あくまで大まかな平均費用として捉えてください。
ここまで大きな違いが出る理由は、やはり、招待人数にあるのでしょう。
国内だとどうしても招待する人数は多くなってしまいます。




いかがでしたか。
この記事を読んでいただいた方は、より海外での挙式を行いたくなったのではないでしょうか。
しかし、海外挙式にもデメリットは存在します。
次回の記事で、海外挙式のデメリットを見ていきましょう。
2017.07.06


普段は身につけづらい?普段使いしやすい婚約指輪とは

2人の愛の象徴でもある婚約指輪や結婚指輪。
結婚指輪は普段からつけられる方も多く、職場などでもつけやすいシンプルなデザインのものが多い一方で、婚約指輪はあまり付ける機会もなく、万が一なくしてしまっては大変なので大事に保管されている方も多いのではないでしょうか。
しかし、せっかくの綺麗な指輪なのに少しもったいないですよね。
近年では、ファッション意識の高まりとともに普段使いでも使いやすいデザインの婚約指輪を選ばれる方も多くなってきました。
2種類ある指輪でシーンごとに使い分けされる方もいれば、結婚指輪との重ね付けすることを考えてセットリングを選択される方もいらっしゃいます。


今回はブライダルジュエリーの普段使いとセットリングについて学んでいきましょう!




・普段でも使いやすい指輪とは?
以上のような理由から、婚約指輪は普段身につけない!という方が多いのではないでしょうか。
しかし、「だからと言ってこのまま眠らせて置くのは勿体無い…」という方も多くいらっしゃいます。
そこで、普段から婚約指輪を身につけたい方のために普段使いできる婚約指輪の条件をまとめてみました。


1.派手な装飾が少なく、落ちやひっかかりの心配が少ない
婚約指輪は派手な宝石がついた華やかなデザインのものが多いです。
そのため、指輪の形状にも起伏が多く服や布にひっかかる、物にぶつけてしまうということが多くなってしまいます。
普段から婚約指輪を身につけて欲しいと考える場合にはこれらのことを考慮する必要がありそうです。


2.強度がある
普段使いするということは、それだけ傷や汚れがつく機会も多いということです。
そのため、指輪自体の強度にも気をつける必要があるでしょう。
変形や傷がつくことを防ぐために、デザインだけでなく素材や製法などにも目を向けてみましょう。


・セットリングとは
婚約指輪と結婚指輪を重ねて使用することを意識して作られた指輪のことを指します。
一緒に作ってしまう方も多く、重ね付けを前提としているためともに普段使いに用いやすいデザインとなっているのが基本です。
眠らせがちな婚約指輪の活用機会が増えるだけでなく、シーンや気分によって単体で身につけたり、気分によって重ね付けにしたりとおしゃれの幅が広がりますね。
また、別々で作るよりも価格も抑えられることが多いこともメリットのひとつ。
ただし、取り外しの機会が増えるので紛失には注意が必要です!




いかがでしたか?
せっかくの結婚指輪や婚約指輪も普段から利用できれば、保管しておくよりも価値があるのではないでしょうか。
人によって婚約指輪や結婚指輪に対する価値観も様々ですが、もし普段使いができるものを選ぶ際には、上記について参考にしていただければと思います!
2017.07.02


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |

- Topics Board -